読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気まぐれ子育て時々ダイエット日記

子育て、ごちそう(^ω^)、時々ダイエットの話

疲れた・・・(;´Д`)

はい。本日はお葬式でした。

 

祖母は96歳だったので、家族葬で静かに・・・いえ、賑やかに見送りました。参列者は20数名。半分以上がひ孫たち。上は19歳から下は2歳まで。小学生は全学年コンプリートしました(笑)このジャリボーイズたちが賑やかなこと(^_^;)

 

子供好きな祖母は喜んでいるだろうな、と。

 

孫たちも全員集合。祖母の人柄です。

子供の頃、“私って結構可愛がられてる?”なんて思ったこともありましたが、いとこたちの顔を見ていると、おばあちゃんは皆を平等に可愛がってくれていたなぁと改めて思いました。

 

皆を平等に…って結構難しくないですか?

孫であったり、子供であったり。

“妹ばっかり可愛がってる”

とか、よく聞くフレーズじゃないですか?

 

私の母も、孫はみんなカワイイけど、この子ちょっと心配だな、とか、大丈夫かな?とか思うと接し方に差がついちゃうんじゃないかな、と。なるべく平等にしたいけど、差が出ちゃう。

 

私も娘の接し方に悩みます。

特に長女に。

 

なんだろうな、考えていることがよくわからない。産まれてすぐに顔を見た時、カワイイと思えなかったことがショックで、どうしたらいいかわからなくなった。産まれてしばらく、抱けなかった。ちょっと、途方に暮れちゃった(^_^;)

 

子供ってそんなもんかな、って自分に言い聞かせ育ててきた。しかし、次女が産まれた時、“あれ、カワイイ”と思ってしまった。

 

これまたショックで。長女に申し訳ないし。

 

長女に発達障害があることがわかった時、カウンセリングを受けたりしていたが、この気持ちを説明してくれるカウンセラーさんもドクターもいなかった。

 

今は、仕方ないと思ってやり過ごしている。

 

長女には、ママに愛されていなかったとか言われちゃうんだろうな(^_^;)

申し訳ない。

どうしたらいいかわからないんだよ。

 

このへんの事は私の永遠の悩みかも。

 

おばあちゃんは、すごかった。

さすがだな。

 

“お母さんにはかなわない”

と、母や伯母が言っていたが、私たちも

“お母さんにはかなわない”

と思っていますよ。

 

そして、私の娘たちも

“お母さん、すごいんだよ”

と言ってくれています。

 

精進せねば。

 

今日は、悲しくて、楽しくて、賑やかなお葬式だった。

今度はおじいちゃんの時に会いましょう!だって(笑)

 

おじいちゃん、97歳。がんばれ!