気まぐれ子育て時々ダイエット日記

子育て、ごちそう(^ω^)、時々ダイエットの話

誰かを信じるということ

ふと思ったんです。

誰かを信じることって苦手…

 

子供の頃からかも。

 

ここ数日のゴタゴタで家族といるのも本当にイヤになった。一番身近な他人って家族なんだけど、こんな私も信じたり頼ったりしてしまう…

で、裏切られた~( ´Д`)って思っちゃう。

 

勝手に期待しちゃうだけなんだけど。

 

これ、精神的ダメージが大きすぎる。

 

たとえば、子供が“今日はお風呂掃除しておくね!”なんて言ってくれると、やったー!ありがとう!!なんて思っちゃう。で、仕事終わって帰るとなーんにもやってない。

フツーにお風呂掃除やるよりも、こういう日の方がしんどい。なんで、信じちゃったんだろ、って。

 

最初の頃は“掃除してくれるんでしょ?”なんて言ってやらせてたんだけど、それってなんか違うって思っちゃって止めました。

たいがい子供に逆ギレされるしね。余計に疲れる。

 

ダンナさんもね。

やるって言ってやらない。

子供か!!(゜o゜)\(-_-)

 

去年、年賀状印刷するときに壊れたプリンター…処分してくれない。自分でやるって言ったのに。新しいプリンターは床の上…。ありえない。

 

他人は裏切るけど、自分は裏切らない。

掃除も何も、誰も何も言わなきゃ自分で黙って全部やってる。淡々と。

別に私は怒りながらお風呂掃除しない。

 

精神的にはこっちの方が数倍ラク。

 

期待して落とされるなら、最初から期待したくない。

 

でも、これってお母さんになってから始まった事じゃない。

 

 

小学生の頃…体育でバレーボールをやった時、味方が全員自分ならいいのに!って思っていた(笑)もうこれ、誰が敵なのかわからない(^_^;)

だって、女子ってボールが飛んでくると“キャー‼”って逃げるでしょ?

くっそ、てめぇら全員外に出ていやがれ!

(暴言、失礼いたしました?)

まあ、そんな子供だったんです。

 

なんで、こんなふうに育ったんだろ?(^_^;)

 

 

ダンナさんは歳上だし頼れる…なんて妄想した時期もありますが寝ぼけていたみたいです(笑)

 

 

正社員で働いていた頃は、同じチームの人たちは信頼できて信じて仕事してた。実にやりやすかった。でも、これって奇跡的な事だって辞めてから気付いた。異動や退職でバラバラになったけど、今でもたまに会って“あの頃は良かったよねぇ~”なんて言ってる。

 

まぁ、ボスが自分が気に入った人を集めてこんな感じだったわけで…

 

家族なんてくじ引きでメンバー決めたようなものだもんなぁ。あ、ダンナさんはくじ引きじゃない。そこが惜しい!

 

こんな家族になりたいなぁ~とかって話はダンナさんにも子供たちにもしたことあるんだけど…まぁ打っても響かない。

し~ん…(しばらく沈黙)

で、今の話は無かったことになって全員通常営業。

 

もう、次にダメだって感じたら本当に家から出てってやるからな!

せめて人の話には返事してよ( ´Д`)

 

話さないと伝わらない事ってあるでしょ。

⬆亡くなったおじいちゃんの名言

だから母さんはもっと話をしたい。

私の考えを分かって欲しいし、みんなの考えも分かりたい。

 

おじいちゃんも苦労したのかな(^_^;)