読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気まぐれ子育て時々ダイエット日記

子育て、ごちそう(^ω^)、時々ダイエットの話

すあま券、発行!!


f:id:Uootan:20161006064209j:image

すあま券?

なにそれ?(´・ω・`)?

ってカンジですよね(笑)

 

実は、我が家のペアレントトレーニングの成果がすあま券の発行の始まりなのです。

 

おねえちゃんの入院中、私はペアレントトレーニングを受けました。

子供の褒め方とか勉強したの。

 

 

例えば、学校(幼稚園とか)に出かける支度をしているとき、支度が途中までになってたりする(靴下片足しかはいていないとか)

その情況を見て“何やってんの!早く着替えなさい!!”じゃなくて、“えらいね!靴下半分はけてるね”とか、言い方を変えて誉めてあげる。

良くできていたら、シールを貼ってあげる。

 

そんな、声のかけかたとか、いろいろ教えてもらった。なるほどー!へぇー!( ・∀・)

新しい発見だった。

 

で、実践。喜ぶかな(´∀`)ワクワク

(長女は入院中だったので、次女でお試し)

 

怒りたいのを我慢して(笑)褒めてみる…

 

次女:???ママ、私のこと、バカにしてんの? そういうの気持ち悪い。だって、できてないじゃん。

 

私:こういうの、習ってきたんだけど、ダメ?

 

次女:やめて‼

 

私:じゃ、良くできたらシールを貼ってあげる。

 

次女:別に欲しくないし。やる気も出ないからいらない。気持ち悪いから怒ればいいじゃん!

 

私:( ̄▽ ̄;)

(しかも、気づいたら娘に説教されている!?)

 

そんなわけで、見事に挑戦は打ち砕かれ…

どうにかして、子供を褒めてみたい。教科書みたいな反応が見たい!と思った私は、数少ないチャンス(笑)を待った。

 

待ちに待ったある日、漢字の10問テストを持って帰ってきた。満点だ!やったー!褒めるぞ!!

“すごいねー!やったねー!100点じゃん!”

娘もまんざらじゃない様子。

良し。つかみはオッケー👍

 

さぁ、ここからどうしよう…と、思ったら

 

次女:ねぇ、100点とったから欲しいものがあるんだけど。(モジモジ…)

 

私:ドキッΣ(; ゚Д゚)  これくらいで、何か買ってあげないといけないの?ダメだよー。

と、思いつつ恐る恐る聞いてみた。

 

私:何が欲しいの?

 

次女:すあまが欲しいの

 

私:(゚д゚)??

 

次女:スーパーで1つずつ売ってるやつ。

 

私:あの70円くらいのやつ?

 

次女:そう。

 

そんなわけで、スーパーで買ってくると大喜び!(一人用のお菓子なんて買わないからなぁ~)

 

リクエストはいつも“すあま”

 

それから、どんな小さいテストでも100点とったら、すあま券へと姿を変えてママの元に帰って来るようになりました。

 

最近は、夏休み中に一学期のすあま券を使い果たしたため、“そろそろ、券を集めないと…”と、ぼやいてます。

だんだん100点をとるのが難しくなってるけどね。

 

ママは98点とかでもいいじゃないって思っちゃうけど、そこは娘のこだわりなので、100点じゃないとダメらしい。

 

ちなみに、おねえちゃんはまったく興味がなくて、何もいらないらしい。

でも、褒め方は妹と同じく難しい。

 

入院中、病院の学校の担任の先生に“goodカード”で褒めてもらったけど、“そのカードのキラキラシールを絶対に私に見せないで!”と、謎のお願い。こちらも、長女なりのこだわり。

 

子供を褒めるのって難しい~。